高齢者に人気の健康麻雀について

健康麻雀とは

近年テレビなどで注目されているものの一つに健康麻雀とよばれるものがあります。
麻雀と聞くと煙草の煙がもくもくとして充満していて、徹夜で行ったり、オンライン麻雀であったり賭けなどギャンブルであることなど、健康とはほど遠いイメージを持っている人が多いことでしょう。

このようなイメージを持つ麻雀なのに、どのようなものなのかと疑問に思う人は多いものです。
そもそも健康麻雀には三大原則があります。

⒈お金を賭けない

その一つ目がお金をかけないことです。
麻雀と聞くと仕事の終わりに駆け付け、お金をかけながら遊んでいる人が多く見られます。

一般的には1000点50円や100円などが多く見られますが、中には200円以上の高いレートでやっている人も見られます。
このようにお金をかけて遊ぶと一晩で数万円のお金が動くことにもなり、負けが続いている場合にはかなり懐も痛くなることでしょう。

そこでお金をかけないで楽しもうというものです。
お金をかけずに面白いのかと思う人もいるかもしれませんが、楽しくできるような工夫がなされてきています。

⒉お酒を飲まない

そして二つ目の原則はお酒を飲まないことです。
麻雀をやりながらお酒を飲んでいる人はよく見られます。

当然のことながらお酒を飲むことは体にも悪く、お酒を飲むためには購入しなければなりません。
お酒を飲まなければその費用も必要ありません。

⒊たばこを吸わない

三つ目の原則はたばこを吸わないことです。
店内を見ると煙草の煙が充満しているのをよく見るかもしれませんが、この場合には帰宅後も髪の毛や洋服までしっかりとたばこのにおいがしみついています。

このような店内の中にいれば自分がすわなかったとしても、体に悪いことはわかるでしょう。
近年ではたばこの価格も500円にもなり、これからも上昇していく可能性が考えられます。
周りの人にも迷惑がかかるので、完全禁煙で行うことが求められます。

健康麻雀はどこで行われているのか?

健康麻雀を行いたいけれどもどんな場所で開催されているのかいう人も多いかもしれません。
まず最初に駅の近くにある麻雀店が挙げられます。

ピークのころから比べると現在の店は3分の1以下に減少しています。
分煙の形で部屋を分けたり、完全に健康麻雀に営業切り替えている店舗も見られるほどです。

また昼間に営業するスタイルで行っているところもあります。
参加する場合のポイントとしては、できる限り健康麻雀のみで開催されている店舗を選んだほうがよいでしょう。

分煙とはいえそれなりにたばこのにおいがして、一般のお客さんと一緒に同じフロアで行う場合には、たばこのにおいは回ってきます。
そして店内の雰囲気が明るく清潔感があるかどうか、客層はどのような人が多いのか、自分がそこになじめそうかどうかなどを確認してみましょう。

参加する際の費用はどれぐらい?

参加費用に関しては場所によって1500円から2000円ほどが一般的となっています。
安いからと言ってよいとは限らないので、自分に合っているところを見つけで参加するようにしましょう。

参加費用が1ゲーム単位の料金設定になっていて、いつでも出入りができるシステムになっているところはあまりお勧めできません。
一見良いように見えるかもしれませんが、この場合にはレベルの違う人同士で同卓する可能性が出てきます。

中には初心者教室を開催されているお店もあります。
このような所では2時間で1000円が相場なので、初めてやってみたいと思っている人はこのような所から初めて見ることをお勧めします。

そして地域の公共施設などで健康麻雀が行われていることもあります。
リーダーのような人がいてメンバーをまとめ開催するものです。
近隣の公民館や集会所、文化施設などで開催されていることが多いので、興味があるのであれば確認してみると良いでしょう。